育毛はすぐに結果がでるわけではありません。時間をかけてゆっくりと発毛を促しましょう。

原因はひとつじゃない

年齢問わず、薄毛で悩んでいる男性は多いようですし、
薄毛や抜け毛の悩みは男性特有のものと思われがちですが、
近頃では女性もこれらの悩みを抱えている人が多いようです。

男性の場合、原因のほとんどは男性ホルモンによるものですが、
女性の場合は、「これ」という原因はまだ見つかっていません。
もちろん、ホルモンバランスの崩れから男性ホルモンが体内で増え、
それが元で薄毛や抜け毛が起こっている場合もありますが、
それ以外の原因が組み合わさって起こっている場合も多いことから、
一概に「女性ホルモンを増やせば治る」というものではないのです。

女性の薄毛の場合、男性ホルモンの影響の他にも、食生活や生活習慣、
ストレスが原因のことも多く、更には、女性特有の原因である更年期や
生理不順、血行不良などもあげられます。
ですから、抜け毛が増えた、髪に元気がなく薄毛になって来たと感じた時は、
まずはストレスが溜まっていないか、
食事や生活習慣が乱れていないかを確認することが大切です。

また、日頃から生理不順や更年期障害の症状で悩んでいる人は、
薄毛や抜け毛もまたそれらに起因しているのかもしれないので、
この機会に専門医で受診することをお勧めします。

頭髪は、女性にとってはおしゃれの一部でもあり、女性らしさの象徴でもあることから、
そこへのダメージは精神的なストレスをもたらします。
ですから、朝のブラッシング時や入浴時に、抜け毛の多さや張りやコシが失われていると
感じた場合は、直ぐに対策を始めた方が良いでしょう。
大切だからこそ、毎日きちんと向き合い、その症状を確認してあげることがお勧めです。