育毛はすぐに結果がでるわけではありません。時間をかけてゆっくりと発毛を促しましょう。

女性にとってストレスは大敵

薄毛や抜け毛の「予防」を考えた時、毎日自宅で出来ることは、
「その日のストレスを解消する」ことです。
ストレスは、薄毛や抜け毛だけでなく、身体のあらゆる症状の原因になりかねないので、
出来るだけ早く解消してあげることが大切なのです。

ストレスは、体内に大量の「活性酸素」を発生させます。
活性酸素は、身体を錆びさせたり老化を進めたりする物質で、ストレスだけでなく、
睡眠不足や生活習慣の乱れなどからも発生しますが、
それらが原因で細胞の老化が進むと、新陳代謝の機能が低下し、
結果、さまざまな病気や薄毛・抜け毛などの症状を引き起こすのです。
女性の場合は、薄毛だけでなく、お肌の状態にも関わって来るのでさらに深刻です。

中でも、ストレスは活性酸素を発生させる大きな要因です。
ストレスが溜まってくると、人は副腎皮質ホルモンを分泌して対抗しようとします。
ですが、その分泌する過程で活性酸素が発生してしまいます。
また、ストレスで長く身体が緊張状態にあると血管が収縮し、血流が阻害されますが、
その状態を解消する過程でも活性酸素が大量に発生してしまうのです。

つまり、ストレスと活性酸素は「ワンセット」となっていて、
身体にとって「百害あって一利なし」な存在と言っても過言ではありません。
ですから、溜まりに溜まって、解消のために大量の活性酸素を生み出すことにならないよう、
ストレスは「その日のうちに解消」することが望ましいのです。

薄毛や抜け毛に限らず、ストレスからくる体調不良を予防するためにも、
一日の終わりにはゆっくりと半身浴をしたり、アロマオイルを焚いたりと、
自分にとっての楽しいことリラックスできることを取り入れて、
その日のストレスを解消してから眠るよう心がけることが大切です。